スバル BRZを高く売るポイントとライバルのトヨタ86とのリセールバリューの違い

誕生から8年を経て、スポーツカーとして地位を確立しつつあるBRZですが、ここでは高価買取はのポイントや気になるトヨタ86とのリセールバリューの違いなどについてご紹介させていただきます。86/BRZにもお手頃な価格で手に入る中古車が流通し始め、スポーツカー市場がますます拡大することがが期待されています。

BRZってこんな車

BRZは、スバルとトヨタの共同開発によって、2012年3月に誕生したFRスポーツカーです。 BRZの車名の由来は、スバル独自の(Boxer Engine)と後輪駆動(Rear wheel drive)頭文字をとって、最後に頂点を意味するZ(Zenith)を付けてBRZとなります。エンジンはスバルが開発したFB20型をベースにトヨタの直噴技術である「D-4S」を組み合わせた新開発のFA20型を搭載しています。86/BRZは、「300万円以下で買える4人乗りのFRスポーツカー」というコンセプトのもと若者層を主なターゲットとして開発されましたが、全体的には40代・50代のユーザーが多いのが実情です。

BRZを高く売るには

BRZを高く売るためのコツは、走りを求めているユーザーが大半を占めるため、エンジン・足回りのメンテナンスを欠かさないことはもちろんのこと、法定点検やオイル交換などの整備履歴を出来るだけとっておくことも大切なポイントのひとつです。例えば、アフターパーツで購入したエアロパーツや内装パーツでも取扱説明書があるだけでプラスアルファの評価につながる可能性があります。そして、18インチアルミホイールやSTIエアロ・エクステリアなどでトヨタ86との差別化を図ることが高価買取のポイントとなります。つまり、スバルらしさをどれだけアピール出来るかが最も重要ということです。

買取店はここをみる

BRZの査定を行う上では、まずは基本的な年式・グレード・ トランスミッション.・ボディカラー・修復歴の有無などを見ていきます。例えば、ボディカラーで言えば、やはり一番人気は定番のホワイトパールとなりますが、BRZは他のスバル車と同様にWRブルーも人気です。トランスミッションも近年のセミオートマ化の流れを汲んで、ATでも大きく査定額が下がることはありません。その他の査定ポイントとしては、エアロパーツやマフラーが装着されているかどうかで数十万単位で査定額が変わってくることがあります。とくに純正オプションのSTIパーツは人気で、装着されていれば確実に高い評価に繋がります。そして、ホイールも重要なポイントとなりますが、86には設定のない18インチアルミホイールが装着されていれば、高価買取は約束されたようなものとだ言えるでしょう。

参考:スバルBRZ買取専門ページ

BRZのリセール状況

Subaru_BRZ_101
出展:ウィキメディア

BRZのリセール状況は、3年落ち30000km以内のGTで60~70%を維持しています。但し、ATの場合はここから10%程度ダウンします。そして、BRZのユーザーがリセールバリューで一番気になる点は、「トヨタ86と比べてどちらが高いのか?」ではないでしょうか?その答えは、トヨタ86との販売力・販売台数の違いと、AE86から引き継がれた「86」という名称がネームバリューとなり、若干劣勢と言われています。しかし、スバルにはスバリストと言われるコアなファンがおり、スバル専門の買取店に査定を依頼することで86以上の評価を受けられる可能性が十分にあります。

まとめ

BRZは、車造りにどの自動車メーカーよりもこだわりをもつスバルが生んだ初のFRスポーツカーです。86/BRZには、「若者の車離れ」が叫ばれる中、若年層に車を操る本当の楽しさを知って欲しいというトヨタとスバルの夢が詰まっています。その夢は、発売から8年経ち徐々に現実に近づいていると言われております。そして、スバラボ買取では、買取を通じて素晴らしい車社会の実現を応援し続けてまいります。

[ライター/スバラボ編集部]