スバル車のおすすめ買取店の条件は?下取りとの違いもある

スバル車のおすすめ買取店の条件は、歴史と独自のメカニズムを深く理解していて、スバリストと呼ばれる根強いファンの心を掴んでいることです。具体的には、今現在のスバルブランドを確立させたWRC(世界ラリー選手権)の活躍はもちろんのこと、社名の由来まで理解していなければ、スバリストからの指示を受けることなど出来ません。

スバルは、富士自動車工業、富士工業、大宮富士工業、東京富士産業、宇都宮車輛の5社が共同出資し、1953年に「富士重工業」として誕生します。スバルの象徴である6つの星が輝くエンブレムは、この5社と「富士重工業」を表すものなのです。2017年に社名が富士重工業からスバルに変更されましたが、実はスバルは広く浸透していたブランド名であり社名ではなかったのです。そして、スバルの最大の特徴である独自のAWDシステムと水平対向「SUBARU BOXER」エンジンを搭載するモデルが、買取相場においても非常に高い人気を誇っています。

スバル車は人気があるので買取額も比較的高め

スバルは、独自のクルマ造りで人気が高く買取相場も比較的高めです。特に人気を博しているレヴォーグは、レガシィツーリングワゴンの後を継ぐスポーツツアラーとして2014年に誕生します。そのコンセプトは、独自のAWDシステムと水平対向「SUBARU BOXER」エンジンを搭載しているだけでなく、全ての造りが国内専用となっており、スバリストからの高い支持を得ております。また、SUBARU GLOBAL PLATFORMをスバルで初めて採用した5代目インプレッサは、2016-2017年に日本カーオブザイヤーを受賞し、スタイリッシュなハッチバック&セダンとして、レヴォーグに次ぐ人気を誇っています。SUVモデルであるフォレスターは、海外向けに造られたモデルにもかかわらず、昨今のSUVブームと相まって好調な買取相場を維持しています。

スバル車は下取りと買取店に売却するのではどちらがお得か?

subaru_levorg

スバル車は下取りと買取店に売却するのではどちらがお得なのでしょうか?その答えは、高年式車ではそれほど差が出ない傾向にありますが、2010年以前のSTIモデルや限定車では大きな差が付く可能性が高いと言えます。下取りは、基本的に年式・走行距離・ボディカラー・修復歴有無で査定額が決まってしまいます。

したがって、限定車でプレミアがついていたり、もしくはホイールなどでカスタマイズが施されている個体でも、それが査定額にあまり反映されないケースが多く見られます。とくに、スバル車は走りを重視したモデルに人気が集中するため、プラス・アルファの評価を得意としている買取専門店に強みがあるのです。

参考:スバル車の売却はスバラボ買取へどうぞ

スバル車の相場動向

subaru_impreza

スバル車の買取相場は、年式や走行距離にかかわらず、独自のAWDシステムとボクサーターボを搭載しているモデルが人気という特徴を持っています。車種ごとには、一番大きな市場を誇るレヴォーグは、STIのスポーツアイサイト搭載モデルが安定した高値相場を維持していますが、近年ではダウンサイジングターボの熟成で1.6Lモデルと2.0Lモデルの評価額に逆転現象が起きています。

また、実質レヴォーグの先代モデルとなるレガシィは、BM/BR系後期の2.0GT DIT アイサイトで同様の傾向が見られます。次にスバルの中でも最もスポーツ色の強いWRX&STIモデル(インプレッサWRX・WRXなど)では、高性能モデルを支えてきたEJ20型エンジンの生産終了の決定に伴い、今後の中古車価格高騰が予想されます。最後に、クロスオーバーSUVの先駆者的存在であるフォレスターは、4代目にあたるSJ系が人気を博しており、SUVブームとの相乗効果で買取相場も安定的と言えるでしょう。

おすすめ売却店のまとめ

subaru_forester

スバルの中古車相場は、今後も独自のAWDシステムやボクサーターボを搭載したモデルが中心的存在となることは間違いない事実です。さらに、自動ブレーキの普及に多大な貢献をしたアイサイトやトヨタとの資本提携で誕生したBRZの進化も見逃せません。30年の歴史に幕を閉じたEJ20型エンジンの生産終了は、次世代スバルの幕開けであり、STI&WRXモデルの価格高騰に口火が切られたのは確実です。そして、スバル車の買取は豊富な買取実績と確かなノウハウを持つスバラボ買取にお任せください。

[ライター/スバラボ編集部]